マタニティのみなさまへ

つわりを乗り越える30の方法<活動してみては>

★つわりを乗り越える30の方法

<活動してみては・・・>

マタニティヨガ

22)思い切って外出する

吐き気がするからと、家でゴロゴロしていては気持ちまで落ち込んでしまいます。

 思い切って外出し体を動かすことが気分転換の近道です。

23)パートやボランティアを始める

生活の切り替えもつわり解消の有効策。

 専業主婦の人はボランティアやちょっとした仕事など、外で過ごす時間を増やしてみては?

24)仕事を休む

フルタイムで働いている方が無理して働いていても能率は上がらないもの。

 「この時期は休もう」と心に決めて好きに過ごす事で、つわりが早く治ることもあるようです。

25)水中ウォーキングをする

スイミングは妊娠16週からできますが、水中を歩く程度なら16週以前でもOK。

 心配な方は医師の了解を得てから始めましょう。

26)ベビー用品売り場を見て回る

つわりは必ず治るものです。ベビー用品売り場を見ながら、

 可愛い赤ちゃんの誕生をイメージして、つわりを乗り切りましょう。

27)手芸をする

ベビー服を編んだり刺繍などをしていると、不思議と幸せ気分が湧き上がってきます。

 マタニティ時期ならではの楽しみですね。

28)苦手な人に会うのを避ける

ストレスはつわりを悪化させます。

 この時期は、自分のわがままを大目にみてあげて、苦手な人に会う機会を減らしてみましょう。

29)夫にマッサージをしてもらう

あなたがつらいと夫もつらいもの。がまんしてつらい顔を見せているより、

 夫に甘えマッサージしてもらい、笑顔を取り戻しましょう。

30)身体を冷やさない

体の冷えはつわりを重くします。

 靴下をはいたり、ひざ掛けを使うなど、特に下半身を冷やさないよう心がけましょう。

コメントする

名前

URL

コメント

妊娠中の役立つ情報

子育てママの役立つ情報

子育て情報

 

無料 ラッピング!!

ラッピング


会員登録

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • ご注文のみ

ネットでのご注文と、メールでのお問合せ受付けは24時間承っております。
※メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。
※現在、お電話によるお問合せ対応はしておりません。

フェイスブック2

 

楽天ID決済

ページトップへ