カートをみる お得なポイント会員登録・ログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

    

鍵は骨盤!新米ママが真似したい骨盤ダイエット

自分みがき

産後は約半数の人が元の体重よりも太ってしまう傾向にあります。

体が出産に耐えられるよう準備をするのは当然のことです。

しかし、産まれたからと言って体型が元に戻らないのが

産後太りの難点です。

体型を元に戻すには、どんなダイエットを行うのが効果的なのでしょうか?

今回は、産後ダイエットについてご紹介します。

なぜ産後は太るのか

自分みがき

  • 妊娠中の蓄え

産後太りの最大の理由は、妊娠中に脂肪を蓄えているからです。

女性の体は赤ちゃんを授かると、お腹の中で我が子を

守るため脂肪を蓄えます。

これによって、赤ちゃんが安心してお腹にいることができるのです。

そして、数ヶ月お腹が膨らんでいるためお腹の皮が

伸びてしまうのも原因です。

  • 骨盤の広がり

そして、もう一つの原因が出産準備・出産によって

骨盤が広がってしまうこと。

赤ちゃんを産む際に、赤ちゃんが産まれやすいように

ママの骨盤は広がります。

もともとは逆三角形だった骨盤も、四角形に形を変え、

下半身がどっしりとした印象になるのです。

産後は元の位置に戻ろうとするのですが、元通りには

なかなかいかないのが現状です。

骨盤ダイエットとは

じぶんみがき

産後太りの一番の原因と言われているのが、骨盤の歪み

産後半年間は骨盤の状態が安定しないため、骨盤ダイエットには

産後2ヶ月から6ヶ月が最適だと言われています。

では、どんなダイエット方法を行えばいいのでしょうか?

  • 骨盤エクササイズ

骨盤ダイエットの方法の一つに骨盤エクササイズがあります。

骨盤エクササイズは、両手を腰に当て、足を肩幅に広げると

腰を左右に10回まわしてください。

腰回りを鍛え脂肪を燃焼する効果が期待できます。

やりすぎは腰を痛める原因となりますので、13回程度行うようにしましょう。

  • 骨盤エクササイズ2

地面に足を前に出して90度に座ります。

そして、両手を胸の前でクロスした状態で骨盤を意識しながら

前方に這うように進んでください。

この時お尻の力で進まないようにしましょう。

こちらも手軽にできる骨盤ダイエット方法として有名です。

ぜひお試しください。

 ・骨盤ベルトの活用

エクササイズ以外には、骨盤ベルトで締める方法もあります。

骨盤ベルトは歪みや緩みをサポートしてくれるベルトで、

産前に利用できるものもあります。

通常のベルトの位置より低く、足の付け根当たりにつけるのが

正しい使い方です。

ただし、妊娠中には位置によって赤ちゃんに影響がある場合

もあるので、病院の指示に従って利用しましょう。

産後から1ヶ月半つけておくと効果的だと言われています。

骨盤を正しい位置に戻すことで、体重が減っているのに体型が

変わらないという状況の改善が期待できるでしょう。

また、冷えや不妊のリスクも下がるため、正しい骨盤ケアが必要です。

出産は、人を産む大変な仕事。多くのママは、出産という仕事を

終えて強くたくましい女性になります。

骨盤ダイエットでキレイな体を手に入れ、より一層素敵な女性になってみてはいかがでしょう?

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100016217&eid=19

ページトップへ