カートをみる お得なポイント会員登録・ログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

    

誤使用が多い!チャイルドシートの装着

先日、警察庁とJAFの最新調査で、「チャイルドシートを使用している

6歳未満の乳幼児の約6割が間違った取付け方をされている」

というショッキングな結果が公表されました。

せっかくチャイルドシートを利用しているのに、取り付け方が間違っていては意味がありません。

誤った使い方では、事故での致死率が約29倍になるという

データもあるそうです。

今回は、使用状況全国調査を見ながら、気を付けたいポイントを

確認したいと思います。

■使用率は年々上昇

1歳未満は90%弱、5歳になると40%弱に減少

道路交通法が改正された2000年から義務づけられたチャイルドシート。

使用率は年々上昇していて、6歳未満全体では64.2%になりました。

特に1歳未満では約86%の乳児が使用していますが、

5歳になると使用率が極端に下がってしまうのが気になりますね。

自我が目覚め様々な主張を始める頃になるとチャイルドシートを

嫌がって外してしまうこともあると思いますが、短距離だからとか、

抱っこしていれば大丈夫では?

と一旦外してしまうと、次回からよりいっそう嫌がってしまうケースもありますので、

乳児の頃に習慣づけた『車に乗ったらチャイルドシートを付ける』

という約束を簡単にやめないでほしいと思います。

疲れたり飽きたら一旦お休みするとか、飽きさせないグッズを使ってみる等、

ご家族で考えてみてほしいですね。

■チャイルドシート取付け誤使用は過半数

乳児用で60%、幼児用で約61%が誤使用

こちらは、チャイルドシートがきちんと車に取付けられていない

ケースが過半数あるという結果です。

取付けミスの主なものは「腰ベルトの締め付け不足」と

「座席ベルトの通し方間違い」です。

チャイルドシートを車内に設置するのは、意外と大変です。

取説やビデオでチェックしながらしっかりと間違わずに設置して欲しいです。

設置後、チャイルドシートをちょっと揺らしてみてください。

グラグラしていたら、締め付け不足です。

ここはパパにしっかりつけてもらいましょう。

■チャイルドシート内でも間違いがある

乳児用で約36%、幼児用で約51%が誤使用

こちらは、チャイルドシート内でお子さまをきちんと座らせているかどうかを

調査した結果です。

間違いで一番多いのは、「ハーネスの締め付け不適正」です。

これは前向きタイプで2本のベルトを両肩の上に通さなければならないのに、

脇の下を通していたり、首の近くにきていたりしていて、これは事故に遭った時、

体が放り出されたり、首が締まってしまう恐れがありますので危険です。

■チャイルドシートを安全に使用するには

1.正しく取付けるポイントはシートのぐらつき肩ベルト

2.安全な商品を選ぶ

通常チャイルドシートは1万円以上です、2〜3万円が主流だと思います。

ところが、一部のネット販売では数千円で販売しているマークの無い製品があります。

全体が布製などで「持ち運びに便利」とか、「中国の交通安全協会認定」

と謳っている製品がありますが、強度が不足している場合が多いので、

注意してほしいと思います。

腰で支えるから肩がラク!大好評のヒップシートタイプ抱っこ紐

通常の抱っこひもを使うと、確かに手も離せて荷物も持てるので、

安全に赤ちゃんとの外出はできますが、一旦降ろしてしまうと、装着に手間がかかり、

ちょっとした抱っこの時は素手抱っこをするママも多いと思います。


また、お子様をずっと抱っこしてあげたいんだけど、

腕が痛くてなかなか思うようにできない。

かといってわざわざ抱っこひもを付けるほどではないときってありますよね。

そんな時にピッタリの抱っこひもがコレ!

【POLBAN】ポルバンのヒップシートタイプの抱っこひもです。

これは抱っこひもというより、ウエストポーチの上に赤ちゃんを

乗せるという感じですね。

赤ちゃんを座らせる座面が少し傾いている構造なので、

赤ちゃんを座らせると自然とママの体に持たれかかるようになり、

腕や肩への負担が激減されます。


私が0歳児ママ対象に開催しているベビーグッズの勉強会の時も、

参加されたママ達に使ってもらうと、そのラクさに驚かれます。

そして、どこで購入できるの?とよく聞かれたのですが、

この商品は主にネットで販売しているので、なかなか明確にお伝えできなかったので、

ベビニティーズのショップでも扱うことになりました。

様々なヒップシートタイプの抱っこひもが発売されていますが、

私はこの日本の老舗メーカー「ラッキー工業(株)」さんから

発売されている「ポルバン」を選びました。

なぜなら、何といっても長い間、日本のママ達のために

抱っこひもを開発し販売してきた信頼性と、使いやすい機能性からです。


座面は、海外メーカーのものほど大きすぎず、

でもちゃんと赤ちゃんのお尻が乗せられる大きさですし、

ポケットにはちょっとした荷物も入りますので近所へのお出かけならコレさえ持っていけばいいですね。

そして、特に気に入ったのが、オプションで販売されているショルダーベルトを買えば、

両手が離せるほどしっかりとホールドできる抱っこひもに変えられるからです。

ヒップシートタイプは、2個目として購入する場合が多いので、

最初から高額のものを購入するよりも、最初は本体のみを購入してみて、

肩ベルトも必要だと思ったら、ワンショルダータイプかダブルショルダータイプかを選んで、

購入した方がスマートですよね。

この商品は、0歳児対象の勉強会のとき、参加してくれたママ達に大絶賛の商品です。

腕が腱鞘炎になってしまった方とか、抱っこ好きな赤ちゃんのママには

ぜひ一度使ってもらいたい商品です。

ポルバン

ポルバン ヒップシートタイプの抱っこひも

歩きはじめは危険がいっぱい!

私の友達のお子さんが1才2ヶ月になるのですが、

フェイスブックで近況を報告されてました。

その中で、「歩き始めたばかりなので、お外でもトットコトットコ歩きたがるのだけれど、

まだ筋力が追いついてないので、前に転びそうになるため、後ろから腰をかがめて追いかけなければならず、腰が痛い」

と書いてありました。

よちよちの頃を思い出します。

この時期は手を繋いでくれないときもあって、かがんでいつも洋服を掴んで歩いていました。

しかも、この危ない時期は結構長く続くのでたいへんです。 3歳位までまだまだ危ない時期です。

私の子どもも横断歩道の赤信号で待ってる時に何かに気づいてヒョイっと前に出る時があって本当にヒヤヒヤしてました。

そんなとき、赤ちゃんに付けるハーネスのようなベルトを見つけたので早速買ったのですが、周りの目を気にしてなかなか使用できませんでした。

危険性を考えたら、周りの目なんて気にしていられないのですがね。 この時期のママはいろいろ悩みますよね。

そこで、よちよち歩きを始めたらこんなリュックはいかがですか?

めちゃくちゃ可愛いでしょ? でも、可愛いだけでなく機能性もバツグンです。

ちょっとしたお着替えやおむつをリュックのなかに入れて歩いたりすれば、もうそれだけでかわいいのですが、取外し付きのハーネスがついているので、危ない時だけ付けられます。

これだったら、周りを気にせず持たせられますね。

お子様が歩きだすと興味関心のままにどんどん歩いてしまって、危ないことや迷子になってしまう危険性もあるので心配です。

そんなとき、迷子対策ができるリュックがあれば大変便利ですね。

様々なリュックが発売されていますが、ここまでかわいいリュックなら、みんなの視線を独り占めしちゃいます。

リュックには、それぞれのキャラクターの顔や触覚がついたフードが付いています(フードはリュックのポケットに収納できます) 迷子防止のハーネスを使用しないときは、取り外せます。

リュックの内側には、名前と住所を書くスペースがついているので万が一のときも安心です。

リトルライフのベビーリュック「なりきりリュック(ハーネス付き)」

働くママも大満足なマザーズバッグはコレ!

ベビーを連れてちょっとしたお出かけをするときのバッグは

選ぶのが難しいですね。

布製のマザーズバッグでは洋服と合わなかったり、

革製のブランドバッグでは重すぎたり収納がイマイチだったりします。

ほどよい上品さとお出かけ時に使用するベビーケアグッズが

きちんと収納できて取り出しやすい、そんなバッグを探していたら、

とってもオシャレなバッグをみつけました。

何といっても600gと軽いのでベビーのものをたくさん入れても大丈夫。


生地はきめの細かいナイロン糸を使ってますのですごく上品だし

デザインもシンプルでスタイリッシュだと思いませんか?

外見からはマザーズバッグとは思えませんね。

外出時の機能性はバツグンなのでママのひとり外出だって

きっと活躍すると思います。

ワーキングマザーにもバッチリですね。

ダディッコブランド

ダディッコキャリーオールショルダー

ページトップへ